• HOME » 
  • 相談例

ひどい暴力を受けた夫に現住所を隠して離婚したい

夫は本当はとても優しい人なのですが、あるきっかけから暴力がどんどんエスカレートするようになりました。

仕事での辛い日々の鬱積を私で晴らしているのだと感じていたのでしばらくは我慢していたのですが、このままではもしかしたら殺されてしまうかもしれないと感じ、福祉事務所に相談して子供とともにシェルターに入らせてもらい夫から離れて生活するようになりました。

夫が私たちを探して連れ戻しに来る夢に毎晩うなされる日々が続き、シェルターの職員の方に紹介していただいた法律事務所の無料相談で今後の事を相談することにしてみました。シェルターから出る時にももしかしたらどこかで夫が見張っているのではないかとびくびくしながら、夫に住所を知られることなく離婚するためにはどうしたらいいかを相談させてもらいました。

その法律事務所の弁護士さんは私と夫との間に立って離婚の手続きを進めてくれるそうなのですが、夫に対する恐怖から逃れることができるか自分自身が不安です。今後の子供との生活をどうやって築いていけばいいのかという不安もあるし、本当に毎日いろいろな不安で押しつぶされそうな状態です。

私一人ならともかく子供もいる身では生活するうえでの金銭的な不安ももちろんあります。私のような人間に対する様々な救済措置も相談に乗ってもらえるようなので、ほんの少しだけ気持ちが楽になったのが唯一の救いです。